インプラント治療とは?


 インプラント治療とは、歯の抜けた部分の顎骨の中に人工歯根(インプラント)を植立し、その上に人工の歯を作る治療法です。
現在、一般的に用いられているインプラントはチタン製のものです。チタンは顎骨や歯肉との親和性が高く、毒性がなく免疫反応を起こさないことから、植立したインプラントは骨と完全に結合します。そのため、インプラントによる歯は天然歯と同様に何でも噛め、義歯のような異物感もなく、審美的にも優れています。
しかし、インプラント治療は顎の骨の状態や全身疾患の有無等の制約があり、誰にでも出来るとは限りません。また、治療費も高額ですから、患者さんにとってインプラントが最善の治療法かどうか歯科医師と良く相談してください。
また、インプラント治療後も長期にわたって最善の状態で機能させるためには、患者さん自身の適切なプラークコントロールと定期検診が必要不可欠です。患者さんと歯科医師との連携がインプラント治療を成功に導きます。

インプラント治療の流れ

1、 インプラント治療についての説明と患者さんの同意

2、 診査と診断
病歴や全身疾患の有無等の問診
口腔内の状態の診査
口腔内写真、レントゲン写真、歯型の採取
治療計画の作成と説明

3、 インプラント埋入手術

歯肉弁を形成して顎骨を明示します。 チタン製の専用ドリルでインプラント床の形成。 インプラントを埋入し、歯肉を縫合します。

①インプラント埋入部の歯肉を切開し顎骨を明示する
②チタン製の専用ドリルでインプラントに適合する孔を形成
③インプラントを所定の位置に埋入
歯肉を縫合し傷が治癒するまでヒーリングキャップを装着しておく

4、 アバットメントの装着

2次手術でインプラントを露出させます。

アバットメントの装着

術後3~6ヶ月するとインプラントは骨と完全に結合
ヒーリングキャップをはずし、支台部となるアバットメントを装着する
上部構造作製のための型を採取

5、 上部構造の作製
生態親和性が高く、精密鋳造が可能な金合金で単冠もしくはブリッジを作製

6、 上部構造の装着


7、 定期的なメインテナンス
インプラント部の骨吸収がないか、歯肉に炎症がないかを診査
咬合関係のチェック
口腔清掃状態のチェック

 

インプラント治療と義歯(入れ歯)やブリッジとの比較

 
 
違和感があり、食事の際にものが挟まったり噛みにくい等の問題や口臭が気になる方もいます。また、隣接する歯に負担があるため健康な歯にダメージを与える可能性があります。約5年後に同じ入れ歯を使用できる可能性は約40% ~ 50%です。
  利点

  • ブリッジのように健康な歯を削る必要がない。
  • 保険が適用される場合があり費用が少ない。
  •  欠点

  • 噛む力が他の健康な歯に比べて最高で30%程しかない。
  • バネによる隣の歯への負担がかかり、ダメージを与えうる。
  • 違和感がある。

  •  
    両側の歯を削って支柱にし、そこに橋をかけて歯があるような格好で噛める様にする方法です。健全な歯を削らなければならない上に、支えになる歯には大きな負担がかかります。約10年後に30% ~ 50%が再治療となるといわれています。
     利点

  • 固定式なので違和感が少ない。
  • 保険が適用される場合があり費用が少ない。
  • 治療期間が短時間で済む。
  •  欠点

  • 健康な歯を削ってしまう。
  • 支えになる歯に大きな負担がかかり、歯を失う原因となる事がある。

  •  
    違和感がなく、食事も健康な歯のように楽しむことができます。また、他の治療法に比べてあごの骨がやせていく事がありません。お手入れをきちんとする事で20年以上もきれいに保っている方もいます。しかし、保険が適用にならないため他の治療よりかなり費用がかかります。約10年で 90% ~ 95%残ると言われています。
     利点

  • 顎にしっかり固定されているので違和感なく噛むことができる。
  • 隣の歯を削るなどの影響がない。
  • 顎の骨がやせにくい。
  • お手入れをしっかりする事でかなり長持ちする。
  •  欠点

  • 保険が適用されず、費用がかかる。
  • あごの骨にインプラントを埋め込む手術が必要。
  • 治療回数は数回でも済むが待機期間が2 ~ 10ヶ月必要。
  •  

     

     

    下記のホームページも是非ご覧ください。

    http://www.minamibayashi-sika.com

    http://air.atline.jp/minamibayashi/index.html