患者様のさまざまな疑問にお答えします。

 

Q:インプラント治療は、痛いのでしょうか?

 

A:インプラントの手術は、局所麻酔をして行いますので痛みを感じることはありません。骨の中には神経が分布していないので患者さんが想像しているような痛みは感じません。通常は歯を抜いた時の痛みほどひどいもではありません。インプラントは清潔なところに清潔なものを埋める手術なので、病気の歯を抜くより腫れるリスクは減ります。

 

 

Q:インプラントは誰でも受けられますか?

 

A:全身疾患がなければ、インプラント治療を受けることが出来ます。しかし、リュウマチで長期間ステロイド剤を服用していたり、骨粗鬆症でビスフォスフォネート系薬剤を服用している患者さんは手術の難易度は高くなりますので、よく担当医と相談してください。

 

 

Q:インプラントの治療は子供でも出来るの?

 

A:インプラントはあごの骨の中に埋め込むので、骨の成長が止まる20歳頃までは行えません。

 

 

Q:インプラントのメリットは何ですか?

 

A:インプラント治療の最大のメリットは残っている自分の歯を削ったりバネを掛けたりせずに歯を入れることが出来ることです。インプラントを入れることで残っている自分の歯の負担が軽減され、全体的に寿命が延びます。また、インプラント治療の場合、自分の歯と同じような感覚で咬むことができ、異物感がほとんどなく、見た目の仕上がりも自然になります。

 

 

Q:インプラント治療に要する治療期間は?

 

A:インプラント治療は、インプラント体を骨の中に埋め込む手術を行ってから数ヶ月間、安静期間を必要とすることが特徴です。そうすると骨とインプラント体が接合して、オステオインテグレーションというインプラントと骨が強固に接合した状態になります。
一般的には、この期間は骨の密度とほぼ比例しています。上顎で4ヶ月以上、下顎で3ヶ月以上の安静期間を必要とする事が知られています。
そのためインプラント治療だけの治療期間としては診断、手術後の被せる補綴物の制作時間を考えると、約4ヶ月から6ヶ月の期間が必要となります。

 

 

下記のホームページも是非ご覧ください。
 

http://www.minamibayashi-sika.com

http://air.atline.jp/minamibayashi/index.html